purre-goohn

a record label and music studio based in Tokyo.

RELEASE

ハチスノイト/Universal Quiet

4P_digi_pack_OL

『すべてが「声」のみで作られた、夢中夢、magdaraのボーカリスト「ハチスノイト」初のソロアルバム』

それは実験的ポップスか、儀式、それとも現代の賛美歌か。

クラシカル、民俗音楽、ウィスパー、ポエトリーリーディング等を昇華した独自の歌唱解釈で確立された荘厳で圧倒的な歌世界。

聴くものに恐ろしいほどの感動を伝える「異端の賛美歌集」、全10曲をリリース。

深層心理療法家の顔を持つハチスノイトの今作の作曲方法は、

メロディー・ささやき・吐息・舌音などありとあらゆる「声」を録音、さらに縦横無尽で自由なエレクトロニクス処理を駆使することによって、彼女の故郷・知床を思わせる圧倒的に美しい自然や神聖なアニミズム的世界の音楽を作り上げる。

“hatis noit, vocalist from mutyumu and magdara, offers her solo album debut. Drawing solely on elements of the human voice, is ‘itan no sambikasyu’ experimental pop, ancient ceremony, or modern-day hymnal…?”

Through unique vocal interpretations that transform and recombine the essence of Western classical, Japanese folk, whispering and poetry readings, “itan no sambikasyu”―heretic hymnal―transports its listeners to a song-world of overwhelming solemnity and splendor so powerful in its ability to move as to border on terrifying. 10 tracks.

A practicing depth psychotherapist, hatis noit’s composition method for this work was to commit diverse vocal elements including melody, whispering, sighs and tongue clicking to various electronic processes in order to produce a free, unrestricted sound that could capture breathtaking natural beauty and a sacred, animistic world reminiscent of her hometown on the Shiretoko Peninsula in Hokkaido, Japan.

Experimental pop, ancient ceremony, or modern-day hymnal…?

Release Date :13,Nov.2014
Artist:ハチスノイト
Title:Universal Quiet
Label:PURRE GOOHN
Namber:PGCD-03
Media:CD/Digital
price:2,100yen+tax

[Order]

PURRE GOOHN ONLINE SHOP
TOWER RECORDS
HMV
diskunion
Amazon

iTunes

[Track List]

1.kamuy mintar
2.sacre du printemps
3.festi
4.lulilo
5.matematika
6.krabo
7.w.h.
8.Traum
9.Aalu
10.avec ml16

[Listening]

[Oficial MV]



[review]

増幅する発声器官!!
拡張され、引き裂かれ、天体をも包み込む声帯!!!
肺から押し出され、振動し続ける大気!!!!
森羅万象を映し出す、ハチスノイトの声、声、声、呼吸、息、息、息、そして囁き…
これは一人の女性の声(蓮の糸)で織り上げた音吐曼荼羅なのである!!!!!!!

ー宇川直宏(DOMMUNE)


子供の頃に音の感覚が封鎖され、以来、音は通りすぎるものとしてあった。音はどこから来るのか…。どうしたら身体に入るのか、そんなことをずっと考えていた。
ハチスノイトがふっと訪れてきて音の感覚が少し変わった。音は、向こうから来るものなのだ。運命なのだと思うようになった。受け入れる。そこが音の始まり。
では声は…。声は身体のなか、受け入れる感情を発露して響きだす音の原点。ハチスノイトの声は、複層してさまざまな感覚や感情を虚空に描き出す。その描き出された位相が私の封鎖されていた音の感覚を少しずつ解いていく。受け入れる容器によって人は救われる。ハチスノイトの声が空間を大きな受容器にする。
だから私は覚醒に向かう。少しずつ。でもそれは大きな力。

ー今野裕一(『夜想』編集長/ペヨトル工房主宰)


Hatis Noit universal quite is an imaginative new album that moves your internal power .
Her voice is beyond the norm .
Creates a dreamful composition of something classic and really fresh.
Breath in breath out the story surprisingly moves on!

ーMichail Gkinis(「Michail Gkinis」主宰・服飾デザイナー)

URL
TBURL
Return Top