purre-goohn

a record label and music studio based in Tokyo.

RELEASE

TOMC/Blockchainers

ZIuhgbfE

「都市と経済」をテーマに環境音を交え Lo-fi Hip Hop の可能性を更新するビート短編集

「TOMCの ‘Bake the House’ に続く最新作は「都市と経済」をテーマに環境音を交え Lo-fi Hip Hop の可能性を更新する、郷愁とチルアウトに聴き手を誘うビート短編集。前作での万華鏡のような緻密なサンプリングワークと好対照を成す、過去の海外リリース作品に通じる簡潔でメロウな音楽性で統一されている。



Release Date :30.January.2019
Artist:TOMC
Title:Blockchainers
Label:PURRE GOOHN
Number:PG039
Media:Digital/Streaming

[Streaming]

Spotify

Aplle Mucic

All Streaming

[Track List]


01. Rainmaker
02. Leapfrog
03. Blockchain
04. Undercurrent
05. Heartbleed

[Artist Profile]

IMG_5534

プロデューサー・ビートメイカー・DJ。
即興演奏者およびディスコDJとしてキャリアをスタートし、その後ビートメイカーとしてメキシコ PIRA.MD Records、ポルトガル MiMi Records など海外諸国からアルバム・EPをリリース。近年ではアルバム ‘Yesternow Once Now’ (2017) 、シングル ‘Bake The House’ (2018) を PURRE GOOHN より発表している。
古今東西の楽曲スタイルに都市の環境音や日常の生活音を交え、2010年代以降のビートミュージックの方法論に基づき完成される多層的・折衷主義的な作風で知られる。
自由な活動形態を標榜しており、企業委嘱による作品制作やオフィスビル~ハッカソン等での長時間DJプレイのほか、レコードコンビニをはじめとする東東京の新興クリエイティブシーンのキーパーソンとしても注目を集めている。

Producer / Beatmaker / DJ.
TOMC embarked on his music career first as an improv artist and disco DJ, before going on to release albums and EPs as a beatmaker on PIRA.MD Records (Mexico) and MiMi Records (Portugal) and several overseas countries. In recent years he have released LP ‘Yesternow Once Now’ (2017), and EP ‘Bake The House’ (2018) from PURRE GOOHN.

He is renowned for his eclectic, genre-defying plunderphonics / sampledelia music, blending post-2010s beat methodology with all ages music styles around the world and environmental sounds of urban city life.

He continues to expand his range in roles, such as a commissioned creator from enterprises, a marathon DJ at public spaces (e.g., office buildings, hackathons and so on), and he’s known as a key person of the emerging creative scene of East Tokyo including ‘record conveni’.

More Info

URL
TBURL
Return Top