purre-goohn

a record label and music studio based in Tokyo.

RELEASE

TOMC/Yesternow Once Now

Yesternow Once Now [170505 ver.1.1.0]


都市生活に放つ、猥雑でカラフルなビートコラージュ。


古くはプリンスやアーサー・ラッセル、現代ではフライング・ロータスやデイデラスなどに代表される、時に暴力的なまでの折衷主義を本作は確実に継承している。海外諸国でのリリースを経て作られたTOMC『Yesternow Once Now』は古今東西のレコードのみならず、日常生活における環境音や即興のセッション音源、自らの唄声や友人との他愛ない会話をも0コンマ単位でチョップし、コラージュの厚塗りへと長い時間をかけ置き換えている。
アヴァンギャルドな即興演奏シーンをルーツに持つTOMCのエディットワークは自身の快楽に忠実に遂行され、楽曲を根本から破壊するような大胆な編集もためらうことがない。またフューチャー・ジャズやトラップ~グリッチ、オルタナティヴR&B、インダストリアルなど多様な要素を含みながらも本作がどのジャンルに落ち着くことがないのはこの姿勢によるものが大きく、本作は潔癖・ハイファイな方向に向かいがちなコラージュ・ミュージックの世界に一石を投じる、猥雑かつ限りなくカラフルな魅力に溢れている。

A vulgarly vivid, beat collage homage to urban life.

This work inherits an at times even violent eclecticism in the spirit of old greats such as Prince and Arthur Russell as well as new greats including Flying Lotus and Daedelus.

TOMC’s “Yesternow Once Now” was created after a period of multiple overseas releases and the experiences learned from them. It combines not only past, present and East-meets-West but also samples from everyday life environments and an impressive archive of improv session recordings to boot. Add to this TOMC’s own vocals and snippets of candid conversations enjoyed with friends and you are well on your way to a sumptuous collage painted in broad, generous strokes that only gradually reveal themselves and the overall picture over time.

With his roots in the avant-garde improv scene, TOMC carries out his editing work faithfully and entirely to his own tune, editing, stripping away, and even entirely destroying musical foundations without the slightest hesitation. It is this approach to his works that means TOMC never settles down in any one genre, instead borrowing from diverse elements spanning anything from future jazz, trap and glitch to alternative R&B and industrial. In doing so, he is able to pursue a uniquely clean and perfectionistic “hi-fi” bent that is at once obsessive, vulgar, and infinitely colorful in its charm—a new, effortless force to be reckoned with in the world of collage music.

[review]

眼前では種々様々の部品が、それぞれの時間で役割を全うするために稼働している。
しかしそれらをいざ遠くから眺めると、途端に噛み合った構造物が浮かび上がるという不可思議。
それはさながら、個々による個々の生活が巨大な蠢きを生み出す都市のようだとも言えよう。
奇しくも筆者と同じくメキシコのPIRA.MD RECORDSを経由し、
フリーソフトによるサンプリング主体というごく近い手法をとりながら、
ここまで未来的・機械的・立体的な世界を描き出す手腕には驚くばかりである。
より多くの人の生活に、閃きを与える刺激となりますように。

canooooopy



Release Date :04.October.2017
Artist:TOMC(トムシー)
Title:Yesternow Once Now(イエスタナウ・ワンス・ナウ)
Label:PURRE GOOHN
Number:PG020
Media:Digital

[Order]

iTunes

Spotify

Bandcamp

[Track List]

01.VBS (ヴィービーエス)
02.Kid Gimlet(キッド・ギムレット)
03.Do & Die Young(ドゥー・アンド・ダイ・ヤング)
04.Yesternow Once Now(イエスタナウ・ワンス・ナウ)
05.Raindealin’ feat. Ryota Nakamura(レインディーリン フィーチャリング リョウタ・ナカムラ)
06.Don’t Dream(ドント・ドリーム)
07.Lonely Grace (Pop Your Funk)(ロンリー・グレイス(ポップ・ユア・ファンク))
08.Negroni Kissing(ネグローニ・キッシング)
09.OOTB(オーオーティービー)
10.In the D Rain (Acid Metallic Soultrane)(イン・ザ・ディー・レイン(アシッド・メタリック・ソウルトレーン))
11.Drawing/Painting(ドローイング/ペインティング)

[Official Teaser Movie]

[Artist Profile]

TOMC-642x446

福島県郡山市出身。
即興演奏者およびディスコDJとしてキャリアをスタートし、その後ビートメイカーとしてメキシコ PIRA.MD Records、ポルトガル MiMi Records などからアルバム・EPをリリース。
クラウトロック~ポストパンク由来のコラージュ色の強い作風を2010年代以降のビートミュージックの方法論と折衷した、アブストラクトでジャンルを超越した音楽性・独特の音響処理で知られる。

2015年以降ビートメイカーのライブショーケース raw adikkt のオーガナイズ、および EN TOKYO への参加を通じ東京近郊のシーンと接点を持つ一方、映像作家やコンテンポラリーダンサーとのコラボレート~都内コンビニ等インストアのゲリラDJプレイなど自由な活動を展開している。

Born in Koriyama, Fukushima.
TOMC embarked on his music career first as an improv artist and disco DJ, before going on to release albums and EPs as a beatmaker on PIRA.MD Records (Mexico) and MiMi Records (Portugal).

He is renowned for his abstract, genre-defying music and unique approaches to sound processing, blending post-2010s beat methodology with powerful, collage-influenced styles that draw on kraut rock, post punk, and everything in between.

While continuing to contribute to the local Tokyo music scene as an organizer for the live beatmaker showcase “raw adikkt” since 2015 and collaborating with EN Tokyo, he continues to expand his range in roles such as filmmaker, contemporary dance artist, and even guerrilla DJ at urban convenience stores.

URL
TBURL
Return Top